地球温暖化が国際的な課題として議論されていますが、世界各国は二酸化炭素の削減に向けてそれぞれ努力を行っています。この中で日本も今後大幅な二酸化炭素の削減を進めることとしており、その政策の一環として水力や太陽光、風力などの再生可能エネルギーの普及を進めています。また、再生可能エネルギーの買取制度によって多くの再生可能エネルギー発電施設の設置が見込まれています。このように注目を集めている再生可能エネルギーですが、それぞれに利用出来るエネルギーが限られていることが大きな課題となっています。水力については河川の近隣でなければ発電を行うことが出来ないのが実情です。また、風力については、常にある程度の風が吹いている場所でなければ発電は困難です。一方で、ソーラー発電については、日本全国どこでも供給可能であり、広く活用することが出来るエネルギー源として注目されています。ソーラー発電のメリットの一つは、狭い場所でも設置が可能な点です。実際に個人の家屋の屋根などにソーラーパネルを設置し、自家発電を行っている家庭も多くあります。もう一つのソーラー発電のメリットは、安定した発電が可能という点です。太陽光については、全国的な平均日照率が計算されており、毎年安定した電力を得ることが出来るのです。さらに、余剰電力については、地域の電力会社への売却が可能であることから、節電に繋がると共に、収入を得ることも出来るのです。このようなソーラー発電のメリットを活用することで、エコでお得な生活を実現することが出来るのです。