化石燃料の枯渇問題、環境問題、コスト削減の観点から考えた場合太陽光発電の必要性および重要性は高いと言えるでしょう。現在、化石燃料は火力発電などで大量消費されることでその数を減らしてきています。あと100年もすれば天然ガス、石炭といった化石燃料はなくなってしまいます。持続可能な社会を実現するめには資源の枯渇問題は解決しなければなりません。しかし、太陽光発電ならばエネルギーの枯渇に関して心配することはありません。太陽光発電は太陽光エネルギーを元に行う発電方法ですが、太陽はおよそ50億年は活動するとされており、太陽光エネルギーは半永久的に利用可能なエネルギーでもあります。化石燃料の代替案としても太陽光発電の必要性は高いでしょう。また化石燃料はその使用により二酸化炭素などの有害な物質を排出します。化石燃料の大量の使用により自然の処理能力を超えて地球規模の環境問題を引き起こしてしまいます。太陽光発電ならば、発電に際して有害な物質が発生することがないので、クリーンなエネルギーを生み出すことが可能です。環境問題の観点からの太陽光発電の必要性も高いと言えるでしょう。さらに、太陽光発電システムはは住宅にも設置が可能で、家庭の電気料金の節約といったコスト削減の効果もあります。日中は太陽光エネルギーを利用して電気を生み出し、家庭で使用していて余った電気は電力会社に販売することもできます。太陽光発電は多くの問題を解決する既存のエネルギーの代替エネルギーとも言えるでしょう。